情報商材・相談事例

相談事例1 情報商材
ある情報商材をインターネット上のセールスレターより購入しました。一言で言えば、内職紹介系の情報商材にあたると思います。パソコンであるデータを制作し、ある企業へ送信すると、契約した企業がそれを買い取り、一件ごとに成果が発生するという趣旨でした。

各レビューサイトでの評判もよかったので、セールスレターに納得して購入しました。そのため勧誘や押しかけの要素はありません。ですが、セールスレターには以下の返金保証(365日以内にすべて実行が条件)がありました。

また、報酬は即日~3日以内に振り込まれるとのことでした。実践したところ、たしかに報酬は振り込まれましたが、提示額にわずかですが及ばず、また、データ送信後、連休を挟みましたが、約一週間後の振込みでした。心配して調べてみると、この商材に対してすでに返金要求をされた方もいるとのことで不安になりました。

まだ完全に詐欺と決まったわけではありませんが、保証公約にも触れていますし、クーリングオフ期間内に可能であるならば返金請求をしたいと思います。

とはいえ、情報商材、現金振込の二点の条件はクーリングオフ適用外になる可能性が高いともお聞きしました。






相談事例2 情報商材
1月に契約 業者名は不明です。ネットでパチスロの収支アップ法のサイトを見て2万円でそして収支が上がらなかった場合返金と書いてあったのでコンビニ支払いで購入しました。

その後、メールでファイルが送られてきたが、まったく意味のないもので返金する条件がとても難しかったため、こういった場合どうすればよいかメールをしました。


相談事例3 情報商材
情報商材をインターネットで購入しましたが、内容的に実現不可能で実際の広告とはたいぶ違いました。

従って、返金請求をしたのですが先方からは返金保証の対象にはならないの一点張りで対応してくれません。実際誇大広告ということで返金をしてもらうことはできるのでしょうか?

ちなみにネットビジネス関連の仕事をすることで毎日5万円の収入が得られるという教材です。


相談事例4 情報商材
ダイエットに関する情報商材を購入し、本日、宅配されてきました。マニュアルが入っていたビニール袋を開け読んでみると、これには健康食品を飲食しなければならず、またその購入サイトの紹介もあり、返品したいと思いました。

ちなみに限定50セットのうち、残り5セットというのを見て急いで購入を決めてしまいましたが、私が購入した後でも5セットという数字は変わらず、ただの手口だと分かりました。

残り商品数を偽表示していたという部分での返品はやはり無理でしょうか。
返金規定があるものの、1年間の実践や商品購入が必要なので、ほぼ不可能に近いです。



無料相談・代行のご案内

ご相談 まずは無料相談!
クーリングオフや解約に関するご相談をお受けしております。
代行案内 今すぐ解決!
行政書士が書面の作成と発送を行います。

スポンサード リンク